東京カラーパレット(サロン向け)

東京カラーパレットイメージ

色のたのしみ方は、無限だ。
1色をたのしむ、混ぜてたのしむ、移ろいをたのしむ。
想像の数だけ色がある。
ちゃんとお客様を“色”で愉しませていますか?
一瞬を「楽しませる」だけじゃもったいない。


移りゆく色を「愉しんでもらうこと」こそ本物だ


人生にいろどりを。
移ろいにこそ愉しみを。
さあ、もっと色で“愉しませよう”!

東京カラーパレットコンセプト

移ろう色を愉しむ

移ろい

成り行きで落ちていってしまう「褪色」をコントロールして、色の「移ろい」を実現。

伝統美を愉しむ

伝統美

コンセプトは日本が持つ「侘び寂びのこころ」。時間経過の美しさを髪でも表現します。これが、新たな価値となり、移りゆく色を長く愉しめます。

和色の品を愉しむ

和色の品

日本に伝わる「和」がテーマになっています。日本が持つ伝統的な「和」の要素をヘアカラーに織り交ぜたので、まだ見ぬ新たな体験を愉しめます。

東京カラーパレットカラーチャート
茜
子供のころ、友達の家から帰るときに見た夕焼けの赤色
藍鼠
夕暮れの曇り空のような青みがかった灰色
牡丹
雨上がりの野にひと際輝く
牡丹の桃色
桔梗
気品漂う桔梗が見せる青み感じる深い紫色
黒鳶
澄んだ空を優雅に羽ばたく
鳶のような茶色
CHART
色をそのまま愉しもう!単色カラー
CHART
色の移ろいを愉しもう!移ろいカラー
CHART
色を混ぜて愉しもう!混色カラー
CHART
淡く柔らかい色を愉しもう!やわ色カラー

HAIR STYLE 募集中!

\その他のHAIR STYLE を見てみよう!/


東京カラーパレットポイント

選び抜かれた5色の表現

日本を象徴する「和」の5色を選びました。
ブリーチ後の黄色味を打ち消し、アンダーベースに左右されない発色が実現できるため、趣き深い色を作り出すことができます。

天然植物オイルによるツヤの実現

日本人の毛髪は、欧米人の1.5倍も太くなっており、髪の内部までカラー剤が浸透しにくいのです。そこで、髪への親和性が高く、浸透を促進する2種のコメ油(コメヌカ油、コメ胚芽油)を80%も高配合して日本人の毛髪でも良く染まるカラー剤に仕上げました。

培ってきたトリートメント技術

油溶性ケラチン※1
ダメージ部に吸着・補修するため、染料が均一に付着して​色ムラを減らし、均一に染まります。
天然ヒト型毛髪セラミド※2
わたしたちの肌や髪に元々存在しているセラミドと同じ構造で、高い保湿効果が期待できます。

※1 ドデシルPGケラチン(羽毛)
※2 セラミドAS、セラミドNG、セラミドNS

“いろあそび”を実現するための仕組み

色油浸透処方
(ジェル化オイルカラー)

♦皮脂となじみ、CMCにもなじむ。

髪表面のバリアを通過し、
CMCの浸透の路を利用する設計

①乾いた髪にトリートメントと希釈した東京カラーパレットを塗布。
②油相と水相に分かれて、染料が毛髪内部に浸透。
③染料が髪に定着して、キレイに染まる。
東京カラーパレット使い方
STEP
シャンプー/ドライ

シャンプーで髪の汚れをしっかり落としておき、ドライします。

STEP
東京カラーパレット

東京カラーパレットとトリートメントを希釈してカラーします。

STEP
10~15分放置

30分以上おいてもほとんど変化はありません。

STEP
バブリングシャンプー

カラー剤をよく洗い流します。

【ご注意】使用前に必ずお読みください

乾いた器具の使用推奨
カラー施術時にブラシやカップが濡れていると、その水分でジェルの乳化が崩れ毛髪への染まりも悪くなります。

※1 保管は水濡れ厳禁。水に濡れるとジェルの乳化が崩れるためです。
※2 リトル・サイエンティストが推奨する使い方は、トリートメントと希釈です。
※3 数日は、白い洋服や白いタオルなど色の付きやすいものの使用をお控えください。お客様にもお伝えください。

\ それぞれの使い方を見てみよう! /

単色
移ろい
混色
やわ色
愉しみ方の例

①色の“入り”を愉しむ

②色の“継続”を愉しむ

③色の“変化”を愉しむ

★色の“移ろい”を愉しむ

東京カラーパレットを使った4つの愉しみ方の検証データです。

A=東京カラーパレット B=塩基性カラー剤

LINE UP

茜
藍鼠
牡丹
桔梗
黒鳶
価格

【業務用価格】3,570円(税込み3,927円)
【店販用価格】5,100円(税込み5,610円)

容量

250g

剤形

クリーム

色数

5色(左から、茜・藍鼠・牡丹・桔梗・黒鳶)

ご購入のお問い合わせは代理店、またはリトル・サイエンティストGSまで

発色の鮮やかさにびっくり!
カラーデザインの幅が広がって嬉しいです!

発色も良くて、
混ぜ
いろんな色を作れるのが楽しい!

東京カラーパレットQ&A
アルカリカラーにMIXしても大丈夫ですか?

アルカリカラー剤と混ぜることで変色する恐れがあります。
ですのでアルカリカラー剤と混ぜることはできません。

使用する際に気を付けた方がいい点はありますか?

水分のない乾いたハケ、カップをご使用ください。また、ドライ状態の髪にご使用ください。

持続性の目安を教えてください。

ダメージ等により持続性は変わりますが、おおよそ2週間かけてゆっくりと「移ろい」でいきます。